前へ
次へ

建売の一戸建ては実際に見て触って決める

一戸建ての購入の仕方として注文住宅があり、土地を用意してから建築士などと話し合って建物の設計をしたりします。
購入の契約をした時点ではまだ土地には何もない状態なので、当然ながら住宅の外観は分かりませんし触ることもできません。
建築士によっては模型や3Dの画像情報などで大体の様子が分かるようにしてくれることもありますがあくまでも参考であり、実際の様子は完成してからでないとわかりません。
完成するまで期待もありますが不安もあるかもしれません。
建売の一戸建ては土地の上に既に建物が建てられた状態で販売されている物件で、外観はもちろんですが中の見学も可能です。
既に完成しているので設備の変更などはできませんが、間取りの様子をチェックしたり気になる部分を実際に触ってチェックしたりが可能です。
妥協などもしながら納得した状態で契約をすることができるので、不安は少ないと言えるでしょう。
細かい希望を持っていないのであれば建売で探した方が良いかもしれません。

Page Top